ネット依存オーディオ~検索中毒~
コストパフォーマンスの高そうな品で構成している貧乏なオーディオです。アクセサリーでどれだけ音が変わるのか、どこまで必要なのか考察中。素人の備忘録的なので書いてあることよく変わります。
van den Hul (ヴァン・デン・ハル) M.C.D352 HYBRID 【VDH-T4】 使用感レビュー
音色には艶や滑らかさはそれなりにあるけど、銀コート線らしい明るさや煌びやかさをかなり控えたような感じ。
その音色はしぶく独特にも感じるが、地味で暗い音色にも感じる。
(現行モデルVDH-T4R4では導体自体が明るくきれいな銀コート線になっていて、音色も明るくなっているらしい)

一般的な評価は柔らかく厚みがある傾向で、落ち着いていて聴きやすいサウンドとのこと。

聴いてみると中低域がど分厚く弾力もあり大容量、輪郭はカーボン層の作用か結構クッキリしている。画像などで確認すると半透明なシースは古いモデルのようだけど、このモデルには黒いカーボン層がなくて輪郭が抑えられてるのかもしれない。ちょっと地味にも感じる音色は重心が低い分、高音がひらけてないだけでなくカーボンの影響もあると思う。

音像はメリハリがなくボリューミーでやわらかめだが、解像度も高く、情報量も多くポテンシャルは高いと思う。特徴のある音質のケーブルだと思うけど、ケーブルにこだわりたくない人が「タンノイやB&Wとかの内部配線らしいからこれでよし。」という需要も多いと思う。

「Made in EU」、そして生粋のヨーロピアンサウンドを誇るvan den Hul ケーブルは、英国TANNOY社を始めとする36社に及ぶハイエンドオーディオブランドにOEM供給され、オランダChannel Classicsなど、高音質レーベルの録音用マイクロフォンケーブルにも採用されています。(HPより

長年作られ続けているスピーカーケーブルで現在はVDH-T4R4だから四回ぐらいはマイナーチェンジしてるのかな?自分のはR3ぐらいだと思う。検索してもあまり情報はでてこないのでわからないけど。2006年は3000円/mだったようだけど現在は4800円/mに。でもZonotone 6NSP-4400S Meisterよりも解像度や情報量が全然高いので妥当な値段だと思った。

金メッキのバナナプラグとの相性がいい(見た目)。このケーブルは余裕があるのでプラグで遊んでもいいと思う。
ロジウムメッキやベリリウム銅製のプラグなどで引き締めると丁度いいかも。これは銅製のバナナプラグ。
van_den_Hul_MCD352_VDH-T4_cable.jpg
HDMIケーブルの比較(音は変わるけど映像は変わらない説は本当?)
ピュアオーディオでもデジタルケーブルでの音の変化には懐疑的で
「音は変わるけれど面白くない」という印象を持ってます。
オーディオでは他に遊べるところがたくさんあるので。

HDMIケーブルについては以前ヤフオクでオーディオクエストのHDMI-3の偽物を
つかまされた時に映像を少し比較してみましたが正直違いがわかりませんでした。

【HDMIケーブルで画質・音質が変わることは常識だ。アンテナケーブルでも画質は変わる!?(画質編)】
【価格帯を超えたサウンドクオリティを実現、HDMIケーブルの上位モデル「AY-HDMI-HE」(音質編)】

ホームシアター研究室様 HDMIケーブルで画質は変わるのか
違いは一応あるように見えますが・・・。まぁこういうことは自分で検証して納得するしかありません。
音声については変わるらしいのですが当方はテレビ音声にピュアオーディオのように気を使ってません。

ただ・・・光HDMIケーブルでは映像も変わるそうです。
現行モデルはUSBでの給電も必要なくなってます。長さや価格などの面から購入対象にはなりませんが、気になる商品。

当方としては、オーディオ好きとして納得できる仕様のHDMIケーブルを使っておけば、
とりあえずはそれで満足というスタンスです。
購入するのはエントリーモデルですし、プラシーボでもOK。
オーディオケーブルをたくさん使ってきた経験則でHDMIケーブルを選びました。

重要視したのは 単線なのか撚線なのか

オーディケーブルでは特徴として
単線 解像度は高くないが実体感のある音、なめらかな音像
撚線 解像度が高いが平面的なサウンドステージになりやすい

テレビの解像度はもう十分だと思うので、映像でも
立体感や奥行き感に特徴がでやすいと思われる単線(ソリッド銅線)仕様のHDMIケーブル
をチョイス。

今回比較したのはこのあたり
古いケーブルは除外したので気になる方は逸品館のレビューでも参考に

AudioQuest(オーディオクエスト) HDMI Forest 2 発売日2012年
AudioQuest(オーディオクエスト) HDMI Cinnamon 発売日2012年
AudioQuest(オーディオクエスト) HDMI Carbon 発売日2012年
wireworld(ワイヤーワールド) Island 7 発売日2013年
wireworld(ワイヤーワールド) Chroma 7 発売日2013年
SUPRA HD-5 発売日2012年
AIM FLE2 発売日2012年12月
Kordz EVO-HD0120R 発売日2016年
Kordz EVS-HD0120R 発売日2016年
Panasonic RP-CHKX10 発売日2015年11月
Panasonic RP-CHEX10 発売日2012年
SONY DLC-HX10XF 発売日2016年
SONY DLC-HE10XF 発売日2010年
オーディオテクニカ AT-HMH/1.0 発売日2010年
エレコム DH-HDP14E10BK 発売日2016年

この中で単線(ソリッド銅線)なのはAudioQuestとPanasonicとKordzのケーブルです。
(記載されていないモデルはわからないので省きました)

PanasonicやSONYは銅線としか書いてないので、高純度銅線ではないのかな。
そうだとしたらオーディオ好きからすると残念なところです。
しかも、ソニーのケーブルは仕様が普通過ぎて全然ほしくない。

Kordzは価格なりにまとまっていて残念なところはなさそうですが
HDMI専業メーカーとのことで当方全く知らないメーカーさんでした。VGP2018を受賞してます。
最廉価モデルのEVO-HD****Rは長さであまり価格が変わらないですね

AudioQuestはプラグ部分はPanasonicとKordzに劣るかもしれませんが
老舗のケーブルメーカーなのでPanasonicやKordzに比べて安心感があります。
逸品館によるとナチュラルな画質の「audioquest」だそうです。
発売日が2012年とPanasonicやKordzに比べて古いモデルにはなります。

結局、日本の家電メーカーを信じて新しいモデルのパナソニックを購入しました。
HDMIケーブルは作っているメーカーも少ないので、新しい方が比較改良されていると信じて。

はじめはパソコンとテレビを接続してエレコム製の廉価モデルのHDMIケーブルと比較。
比較視聴に使用したのはYouTubeにアップしてある適当な動画。
YouTubeだと繰り返し再生や再生速度の変化ができるので比較しやすいです。
選んだ動画を何回も繰り返し見て、HDMIケーブルの交換も繰り返し行いました。
映像の変化は動画でも静止画でも違いがないように見えますが、この方法では確信できず。
「見て取り換えて見て」という比較作業では確認するのは難しいと思います。

やはり同時に比較視聴ができないとわかりません。同じテレビを二台用意することはできないので
パソコンのデュアルディスプレイでパソコン画面とテレビに同じ映像を流して比較。
テレビのHDMIケーブルのみ交換を行いパソコン画面とテレビで比較してみました。

①パソコン→エレコムHDMIケーブル→テレビ / パソコン→廉価HDMIケーブル→パソコンモニター
②パソコン→パナソニック高級HDMIケーブル→テレビ / パソコン→廉価HDMIケーブル→パソコンモニター

①で感じるテレビとパソコンモニターの違いと
②で感じるテレビとパソコンモニターの違いを比較しました

再生速度を最低の0.25倍で比較しながら視聴すると、ほぼ確信をもって映像に変化がないことがわかりました。
また音声に関しては変化は容易にわかり、エレコムでは薄っぺらくて、かさついた音がしますが
パナソニックでは明らかにオーディオグレードで厚みがあり、押しの強い単線ケーブルの音がします。
HDMIケーブルで映像の変化は確認できませんでしたが、プラシーボ効果はありますし
音声は明らかに良くなりましたので、まぁ十分満足です。そのうちアンテナケーブルも試してみようかな。


オーディオグレードアンテナケーブル
探しても見つかりにくいと思うので見つけた物を書いておきました。

オヤイデ電気 DV-510F 無垢の純銀線ですので最強でしょう
オヤイデ切り売りアンテナケーブル FTVS-510 / FTVS-410 / DST-75 V2

・AVINITY AY-AT-LA
・AET EVO-75DF
・VIABLUE TVR 2.0 SILVER HIGH-END SAT ANTENNA CABLE
・audio-technica AT-DV85T / AT-DV86T

オーディオグレード?
・フジクラ・ダイヤケーブル S-5C-FB
・カナレ L-5CFB / L-5CHD?

おすすめのアンテナケーブル
「柔らかく配線のしやすいテフロン線材を使用し、4K8K放送に特化した従来よりも厚い3重シールドを採用」

アコースティックリバイブ(Acoustic Revive) SPC-AV 単線スピーカーケーブル レビュー
SPC-AVで検索すると違うのが出てきてしまう。単線(単芯)ケーブルのSPC-REFERENCEはよく売れたケーブルの様でネットのレビューもよく見かけたし評価も高いようでした。続いてSPC-REFERENCE-PC-tripleCが発売されましたが値上げされて(¥4650→¥6000)高いなぁと思ってたら、何か安いの(¥800)が出てたので買ってみました。

音質面ではアコリバによると
・SPC-AVでは理論的に迷走電流の発生自体がない単線を使用しノイズや歪み、付帯音や刺激成分のない純粋な伝送が可能となっております。
・並行2芯構造はインダクタンスによる影響が少ないためエネルギーロスが少なく開放的な音質を実現します。
・価格帯の常識を遥かに超える圧倒的なFレンジの広さやエネルギー感、雑味のなさや音像定位の明瞭さをぜひご体験下さい。

ケンズオーディオのレビュー
SPC-REFERENCE
SPC-REFERENCEⅡ(PC-tripleC)

聴いてみた感想としては
滑らか~で雑味の少ない透明感のある音色、コンパクトでタイトな音像で厚みと弾力感がある、定位感が明確で芯が強め、解像度は高くは感じない、上位モデルのような開放感はない

その他の単線ケーブル
FURUTECH FS-15S
47研 0.4mm単線 (現代オーディオ辞典さん)
オーディオテクニカ AT-ES1400
オヤイデ 切売り屋内配線用ケーブル FF-20 V2  などなど


プロフィール

Author:PureMor

ポップやロックを小~中音量で聴いてます。スマホアプリで測定すると58db程度。クラシックは聴きませんし、特に音楽に詳しいことは何もありません。


【オーディオシステム】
USB-DAC:EDAC-4-DSD
➥パッシブアッテネーター
  MUSICA att62
➥パワーアンプ
  MUSICA RaichoⅡ power
・スピーカー
S-A4SPT-VP 2

【S-A4SPT-VP レビュー】
芳醇でハリのある歌声が聴ける樽



【JBL STUDIO 530CH】
音が吹き出すのが面白い


INS-CF、INS-SQ、INS-BD、INS-SP、INS-BD

【インシュレーター色々使ってみました】


スピーカーケーブル
・FURUTECH FS-15S
・Sound.Geek SG-S

ニチフ圧着端子の端末処理
バナナプラグの端末処理

RCAケーブル
・Oyaide ACROSS750 V2
・Nanotec-Systems G.S.#201 nano3
・Sound.Geek SG-2NeoClassic(撚線)

電源ケーブル
TiGLON MS-12A
・Nanotec-Systems G.S.#302nano3

◆電源アクセサリー
電源タップ ABPT-4.09V
3P-2P変換アダプタ
壁コンセント
オーディオ用電源ケーブルの入門編まとめ
PS_AUDIO Noise Harvester 電源ノイズフィルター
AC/DC電源の高音質化

EL-SOUND データ専用USBケーブル
HDMIケーブルの比較

カテゴリ