ネット依存オーディオ~検索中毒~
コストパフォーマンスの高そうな品で構成している貧乏なオーディオです。アクセサリーでどれだけ音が変わるのか、どこまで必要なのか考察中。素人の備忘録的なので書いてあることよく変わります。
Sennheiser(ゼンハイザー)のBluetoothドングルBTD-600が発売されたので試してみた
SennheiserのBluetoothドングルBTD-600を購入してみました。
Windowsパソコンで再生ソフトはfoobarです。

以前試した【Creative BT-W2】や【FiiO FIO-BTA30 USB接続】のように
foobarのwasapi排他モード「push」「event」が使用できずガッカリ。

でもいつのまにかfoobarに【exclusive】というのができてて、調べたら排他モードとのこと。
    で・・・・・・再生できました♪

BTD-600単体とiFI-Audio iSilencer+を通した普通のBluetoothドングル(TP-Link UB400)との比較では後者の方が音がいいと思いますが、BTD-600単体で聴いてもパソコン臭のする嫌なノイズ感は感じませんでした。
iFI-Audio iSilencer+を通した場合はどちらも違いが判りません。

パソコンのBluetoothトランスミッター環境を整える (高音質 Bluetoothアダプター・ドングル iFi iSilencer+)
(材料)
◆Windowsパソコンで再生ソフトはfoobar

・普通のBluetoothアダプタ・ドングル
・高音質?Bluetoothアダプタ Creative BT-W2
・FiiO FIO-BTA30 + USB D/Dコンバーター(M2TECH hiFace TWO)
・iFI-Audio iSilencer+

■SONY WH-1000XM3 ワイヤレスヘッドホン
■SONY NW-ZX300 ウォークマン

DSCN3468re_20210522162031898.jpg

(テスト)
Windowsパソコンに普通のBluetoothアダプタを接続してWH-1000XM3で聴くと音が悪いです。
心地よくなく、すぐ聴き疲れしてしまいます。

これからメインのオーディオ環境にする予定なのでPCのBluetooth環境を整えることにしました。

ググっても情報がでてこない、高音質Bluetoothアダプタが存在しない、というなかで探し出した商品で比較しました。

目標はウォークマンNW-ZX300とBluetooth接続したときの音質です。

それでは比較してみた結果です。


□【普通のBluetoothアダプタ】=【Creative BT-W2】=【FiiO FIO-BTA30 USB接続】
これは「wasapi排他モードなし」での比較です。
BT-W2とFIO-BTA30はwasapi排他モードが使用できません。
ですので普通のBluetoothアダプタのwasapiなしと同じ音がします。
ちなみに普通のBluetoothアダプタのwasapi排他モードの方が遥かに音がいいです。


□【SONY NW-ZX300】=【FiiO FIO-BTA30 + DDC】=【普通のBluetoothアダプタ + iFI-Audio iSilencer+】

【SONY NW-ZX300】 LDAC接続
【FiiO FIO-BTA30 + DDC】 LDAC接続
【普通のBluetoothアダプタ + iFI-Audio iSilencer+】 aptX接続

《結果》 iFI-Audio iSilencer+ 最高‼

当方はハイレゾは必要ないのでLDACは必須ではありません。
SONY NW-ZX300のLDAC接続との違いがわからなのでiFI-Audio iSilencer+で満足です。

実は最初はオーディオらしいシステムの【FiiO FIO-BTA30 + DDC】で整えていたのですが、
ごちゃごちゃするので、もっとスッキリできないかと思ってました。
もしかしたら【普通のBluetoothアダプタ + iFI-Audio iSilencer+】で良くないかと閃いて
試してみたらビンゴです。
とにかくBluetooth送信機前にパソコンからのノイズ源をどこかで遮断できれば十分なようです。

ただiFI-Audio iSilencer+はパソコンとの接続はUSB-Cタイプを購入したのですが接触悪いです。
iSilencer+(AA)をお勧めします。

ちなみに上位モデルはiPurifier3 A-Type(USB-Aがメス USBケーブル必要)になります。

《追記》
Windowsパソコンで再生ソフトはfoobarでのテストでしたが、foobarがバージョンアップしました。
「SennheiserのBluetoothドングルBTD-600が発売されたので試してみた」



MUSICA パッシブアッテネーター att62 と ヘッドホンアンプ hpa62 を追加してみた
●パッシブアッテネーター att62 を追加した効果
モニター臭い輪郭感やザラつき感、電気的で録音臭い灰色の音色感が消える
空気感を伴うふんわりした輪郭感、きめ細かくホワイティな音色感になる
解像度・情報量が増量

●『 att62 + hpa62 』 の音質
musica hpa62の音は美麗で明るく元気な音、ふんわりホワイティな音色
音場再現性の高さや音像の緻密さはなく、低音も制動感が足りない
att62の効果でボリュームが減ってシャープになるけど、丁度良いボリューム感
空間感は広くないが抜けがよく開放的なサウンド
密閉型ヘッドホンでも開放型ヘッドホンのような感触がある
ムジカのアンプはコスパが高いが、ヘッドホンアンプはスペックの高い音質ではないと思う

●ORB JADE-2 のヘッドホンアンプの音質
真空管やパッシブプリ、天然素材のオーディオケーブルなどの音質に慣れていると
本当にトランジスタ感を感じる電気的で暗く重苦しい音
特に高音が固く重く抜けが悪い。ちょっと聴くのがつらい

●『 att62 + EHP-2 』 と ORB JADE-2 のヘッドホンアンプの比較
聴き比べると写実画とイラストのような違い 
『 att62 + hpa62 』 は空気感を伴っていて繊細で詳細
ORB JADE-2 は空気感がなくて平面的で単調でデフォルメされたイラストの様
「att62 + EHP-2」の音は解像度・情報量がミッチリあり、音像が緻密
音場再現性が高く、音の気配やホールトーンが圧倒的

musica_att62_hpa62.jpg

○ musica HPより ○
近年パッシブアッテネーターが注目されています。
シンプルでコストパフォーマンスが良い点が評価されていますが
パッシブアッテネーターの本当のメリットは電源を使用しないという点です。
電源ノイズから開放され、電源ケーブルによって発生する電源ループやアースの問題が一気に解決します。

反面、パワーアンプとの相性はプリアンプ以上にあり、力強さではプリアンプに軍配が上がります。
しかしこれらの問題は機器の組み合わせや接続ケーブル等の選択である程度は解決可能です。
これらの問題を解決したパッシブアッテネーターの澄み渡った音質はぜひ体験していただきたいと思います。

パッシブアッテネーターは多くのノウハウをもったオーディオ上級者のアイテムです。
しかし、手探りで数々の対策をし、音質が向上していくこともまたオーディオ。
オーディオを『いじれる』数少ないアイテムのパッシブアッテネーター。
ぜひ挑戦してみてください。

○ musica blog パッシブアッテネーター関係 ○
『3つの条件でプリより高音質?パッシブアッテネーター』
『アッテネーターの音。プリの音。』
『ピンケーブルとノイズ』
『パッシブアッテネーターは自作できる?』
『なぜか人気??パッシブアッテネータ』


プロフィール

Author:PureMor

ポップやロックを小~中音量で聴いてます。スマホアプリで測定すると58db程度。クラシックは聴きませんし、特に音楽に詳しいことは何もありません。


【オーディオシステム】
USB-DAC:EDAC-4-DSD
➥パッシブアッテネーター
  MUSICA att62
➥パワーアンプ
  MUSICA RaichoⅡ power
・スピーカー
S-A4SPT-VP 2

【S-A4SPT-VP レビュー】
芳醇でハリのある歌声が聴ける樽



【JBL STUDIO 530CH】
音が吹き出すのが面白い


INS-CF、INS-SQ、INS-BD、INS-SP、INS-BD

【インシュレーター色々使ってみました】


スピーカーケーブル
・FURUTECH FS-15S
・Sound.Geek SG-S

ニチフ圧着端子の端末処理
バナナプラグの端末処理

RCAケーブル
・Oyaide ACROSS750 V2
・Nanotec-Systems G.S.#201 nano3
・Sound.Geek SG-2NeoClassic(撚線)

電源ケーブル
TiGLON MS-12A
・Nanotec-Systems G.S.#302nano3

◆電源アクセサリー
電源タップ ABPT-4.09V
3P-2P変換アダプタ
壁コンセント
オーディオ用電源ケーブルの入門編まとめ
PS_AUDIO Noise Harvester 電源ノイズフィルター
AC/DC電源の高音質化

EL-SOUND データ専用USBケーブル
HDMIケーブルの比較

カテゴリ