ネット依存オーディオ~検索中毒~
コストパフォーマンスの高そうな品で構成している貧乏なオーディオです。アクセサリーでどれだけ音が変わるのか、どこまで必要なのか考察中。素人の備忘録的なので書いてあることよく変わります。
インシュレーター選び
■設置とエージング
 スピーカーにインシュレーターを使用して明らかに音抜けが悪くなったり、音が硬くなったりした場合は、おそらく置く位置の問題だと考えられます。スピーカーによっては三点支持だと前方に一点、後方に二点だとこのような音がしたりします。またスピーカーのおへそ部分や中心部分に近いところにインシュレーターを当ててしまうと詰まった音がしたりします。
 またエージングもあると思います。金属製のインシュレーターはエージングがあるらしく、ゴム製などは荷重による変形・劣化などで音が変わってくると思います。個人的にはインシュレーター自体よりも聴く耳とオーディオシステム側のエージングの方が大きいと思います。設置してから音が良くなくてもしばらく辛抱して使って見たり、置き方を変えてみたりすることをお勧めします。また良くなくてもシステムとの相性などもありますし、他のAV機器や、ラック、オーディオ機器以外の振動する物などにも使うこともできるので、取って置くとなにかと役に立ったりします。音の好みが変わることもありますし、インシュレーターをミックスして使うこともできます。

■スピーカー以外での効果は?
スピーカー以外の機器に使用する場合ですが、レビューを見た印象としては
◆CDプレーヤー/小 ◆DAC/微少 ◆アンプ/超微少 
みたいな感じでした。機器のインシュレーター交換で音が変わるという噂を知りながらも無視している人は多いと思います。自分も床にポン置きなど明らかに不安定な場所におけば音が悪くなるのは体験済みですが、プラスチックのインシュレーターが付属したものでもラックなどの安定した場所において置けば十分で、爆音でスピーカーを鳴らすでもしない限りはそこからインシュレーターを変えてみても効果はわかりにくいと思ってました。でも不思議なものでUSB-DAC/ヘッドホンアンプに試してみましたが小音量でもヘッドホンでも音の変化を感じました。インシュレーターは基本的にインシュレーターの音色を聴きたいのではなく機器のポテンシャル発揮目的で使用していますが、接地する以上何を使っても(何も使わなくても)音色は付くものだと感じてます。

PLUTONのブログ:インシュレーターのトラウマを克服せよ
吉田苑 「バイト君の萌えオーディオ考 07.08/11」

DSC00236.jpg

逸品館 AIRBOW METAL-BUBBLE(メタルバブル)
インシュレーターはメタルバブルとウッドボーイだけあれば十分だと思います。この二つで下地ができたら、あとはケーブルで遊びましょう。DAC/ヘッドホンアンプ(ORB JADE-2)にWOODBOYモドキを使用したときは聞き分けられる性能的な音質向上はわずかでしたが、聴いている音の感触がかなり向上しました。メタルバブルだと明らかに聴き分けられる性能的な音質向上があります。解像度が高くて定価10万クラスの複合機の性能ではないと感じます。高解像度系のインシュレーターは音が痩せがちですが、メタルバブルはメタボリックな形なので音が痩せません。DACに使用するだけでも重心が下がり、細いスピーカーケーブルだと腰高になってきつくなりがちだった高音も気にならなくなりました。音像も前に出てきてアグレッシブなサウンドになりました。スピーカーやDACに使用するとクッキリハッキリ感の強調された高解像系のメリハリと透明度重視のサウンド傾向、アンプでは強調感は感じず解像度・分解能の高い明晰でワイドレンジな音質になりました。アンプに使用した場合は音色は変わらない印象でした。黒檀は雑味のある黒い音色、マグネシウムは淡麗で艶のある透明な音色がします。METAL-BUBBLEは接地面で傷が付きやすいので滑り止めテープを貼りました。私はアンプにはMETAL-BUBBLEを、スピーカーやDACには主にWOODBOY(本物)を使用しています。スピーカーによってはミックスでも使用しています。
※アンプにもMETAL-BUBBLEを使うのはやめました。高音質感はでるけど、押しが強いだけで音像が窮屈になり躍動感がなくなります。金属系のインシュレーターは非常に使うのが難しく、ほとんどの場合音が悪くなるといってもいいと思います。METAL-BUBBLEはメリットもあるけど、やはり音の豊かさがなくなる。WOODBOY(木製)が一番。
METAL-BUBBLE.jpg

逸品館 AIRBOW WOODBOY(モドキ) 黒檀製インシュレーター
●使用感 レビュー

Oyaide(オヤイデ)のINSコイン型インシュレーターシリーズ
INS-CF、INS-SQ、INS-BD、INS-SP / φ20、H 6.0
●使用感 レビュー

Oyaide(オヤイデ)の高剛性小型ステンレススパイクセット INS-US + INS-SP
INS-US φ20mm、H9.9mm / INS-SP φ20、H 6.0
スパイクとしては小型で安価なモデルです。金属系インシュレーターの中でも硬い高剛性ステンレスなので芯が強くかなり硬い音が出ます。音の締め付けが強く、スパイク型なので低音が目茶目茶タイトになります。とてもクリアである意味高性能な音かもしれませんがヒステリックな金属的な音がします。かなりキツ目のインシュレーターなのでINS-USを下、INS-SPを上に使った方が音が幾分か落ち着くと思います。
●使用感 レビュー

Oyaide(オヤイデ) INS-BS (+AT6099) φ35.0×H15.0
片面にφ20、深さ4mmの凹みを設け、ここにINSコインシリーズをはめ込み可能
●使用感 レビュー

ACOUSTIC REVIVE ピュア・シルク・アブソーバー PSA-100
おもしろそうなので紹介。コットンの音質効果はこちらに詳しく解説されてます。

山本音響工芸 黒檀製三角セッティングベース PB-22 底面25mmx38mm、高さ18mm
形状は特殊ですが塗装などを省いた低価格モデルのスパイク系インシュレーター。形状が特殊なだけにお勧めしません。
●使用感 レビュー

audio-technica AT6099 φ30×17mm
4層ハイブリッド構造(ハネナイト/真鍮/ハネナイト/ソルボセイン)のハイブリツドインシュレーター。見た目どうりのピラミッドバランスでマイルドな音が出る。インシュレーターにかかる加重やゴムのコンディションで出てくる音が変わる。
●使用感 レビュー

audio-technica AT6087 φ31×16.5mm
素材と硬度が異なる3層ハイブリッド構造。そのままゴム系の音が出ます。
●使用感 レビュー

audio-technica AT682 φ36mm×厚さ5mm
●使用感 レビュー

人工大理石(デュポン・コーリアン)
●使用感 レビュー
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

Author:PureMor

ポップやロックを小~中音量で聴いてます。スマホアプリで測定すると58db程度。クラシックは聴きませんし、特に音楽に詳しいことは何もありません。


【オーディオシステム】
USB-DAC:EDAC-4-DSD
➥パッシブアッテネーター
  MUSICA att62
➥パワーアンプ
  MUSICA RaichoⅡ power
・スピーカー
S-A4SPT-VP 2

【S-A4SPT-VP レビュー】
芳醇でハリのある歌声が聴ける樽



【JBL STUDIO 530CH】
音が吹き出すのが面白い


INS-CF、INS-SQ、INS-BD、INS-SP、INS-BD

【インシュレーター色々使ってみました】


スピーカーケーブル
・FURUTECH FS-15S
・Sound.Geek SG-S

ニチフ圧着端子の端末処理
バナナプラグの端末処理

RCAケーブル
・Oyaide ACROSS750 V2
・Nanotec-Systems G.S.#201 nano3
・Sound.Geek SG-2NeoClassic(撚線)

電源ケーブル
TiGLON MS-12A
・Nanotec-Systems G.S.#302nano3

◆電源アクセサリー
電源タップ ABPT-4.09V
3P-2P変換アダプタ
壁コンセント
オーディオ用電源ケーブルの入門編まとめ
PS_AUDIO Noise Harvester 電源ノイズフィルター
AC/DC電源の高音質化

EL-SOUND データ専用USBケーブル
HDMIケーブルの比較

カテゴリ